ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

新着記事カテゴリ

効率化 新着記事

news08.jpg

「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせい?

業務効率を高めるはずのITツールが、実はタイムパフォーマンス(タイパ)を悪化させている可能性がある。ITツールの利用に関する残念な実態を解説する。(2024/06/06)

news10.jpg

クラウドストレージの「予算超過」を招く意外な“落とし穴”とは

企業はクラウドストレージを積極的に採用している一方で、予算超過や想定外の出費が発生していることが、調査レポートから明らかになった。企業はどのような出費に頭を抱えているのか。(2024/05/31)

news01.jpg

「HDDがデータセンターから消える」という途方もない話の末路

データセンターではSSDだけではなく、大量のデータを効率的に保存するためのストレージとしてHDDが広く使われている。そのHDDを、データセンターで一切使わないという先進的なアイデアがある。(2024/04/28)

news09.jpg

企業は「Windows 11」に興味がない? むしろ“あれ”を重視するのはなぜか

Windows 10のサポート終了が控えている中でも、企業は「Windows 11」へのアップグレードをそれほど重視していない。その背景には何があるのか。企業がWindows 11への移行よりも重視していることとは。(2024/04/09)

news02.jpg

SSDとHDDの“永遠の対決”「コストと容量の違い」は今どうなった?

SSDとHDDを容量やコストで比較すると、以前に比べて両者の違いは埋まりつつあると言える。実際にはどれだけの違いがあるのか。価格と容量の観点で、SSDとHDDを比較する。(2024/03/31)

news02.jpg

Microsoft 365を「Copilot」で便利にするならまず何から始めるべき?

「Copilot for Microsoft 365」は、生成AIの機能を生産性向上に役立てることができるツールだ。どのような手順で利用を開始すればいいのか。事前の準備を含めて紹介する。(2024/03/24)

news11.jpg

米バージニア港が無線LANではなく「プライベート5G」を選んだ理由

バージニア港のノーフォーク国際ターミナル(NIT)は、港湾設備の運用効率改善を目指してプライベート5Gのネットワークを構築する。NITの拡張計画において5Gが果たす役割は。(2024/03/04)

news02.jpg

「電子処方箋」普及に向けてNHS Walesが開発 “医療アプリ”の役割とは?

英国のウェールズ地域を管轄するNHS Whalesが電子処方箋の導入を進めている。その計画を構成する要素の一つが「NHS Wales App」だ。試験運用から本稼働までの流れを整理する。(2024/02/28)

news07.jpg

「電子処方箋」をウェールズ全土に 処方の効率化を狙うNHS Walesの活動とは

英国のウェールズ地域を管轄するNHS Whalesは、「電子処方箋」の導入を進めている。その活動に関する年次評価レポートから、同プロジェクトの取り組みを紹介する。(2024/02/21)

news10.jpg

クラウド料金が「高過ぎる現実」を前に払うしかない企業の本音

クラウドサービスのコストが上昇しており、それが負担になっている企業は珍しくない。企業はクラウドサービスについてどう感じているのか。どのように負担を抑えればいいのか。(2024/02/15)

news03.jpg

「ローコード開発」の価値はユーザー次第 “隠れた才能”は誰?

ITに詳しくない従業員でもアプリケーションを開発できるようになるローコード/ノーコード開発ツールに、企業は期待を寄せている。自社のニーズを見失わずに、ローコード/ノーコード開発ツールを使いこなすには。(2024/02/13)

news03.jpg

「ローコード/ノーコード」の真の目的とは? 会社を変える“市民開発者”たち

事業部門の従業員がアプリケーションを開発できるようになることを期待して、企業はローコード/ノーコード開発ツールに目を向けている。メリットはそれだけではない。実際の導入事例を交えて説明する。(2024/02/06)

news04.jpg

「ローコード」には限界が……それでも“市民開発”が期待される理由

ローコード/ノーコード開発ツールに対する期待は高まる一方で、「限界がある」という意見も存在する。実際のところ何に役立ち、どのようなリスクを抱えているのか。“市民開発”に踏み切る企業の理由とは。(2024/01/30)

news01.jpg

DXの影で疲弊するIT管理者、AIOpsは救世主になるのか

DXが進展するほど社内には管理対象のシステムが増え、IT管理者は疲弊する。効率化だけではない、AIOps(AI技術を使ったシステム運用)の価値とは。(2024/01/29)

news09.jpg

顧客体験を高めるなら「バックエンドの改善」を重視すべき理由

システム開発と運用管理のプロセスに自動化技術を組み込むことの価値は何なのか。通信大手の経営幹部が「顧客中心主義にはITサービス管理(ITSM)が不可欠」と説く理由とは。(2024/01/23)

news09.jpg

「ローコード開発」にやってくる幻滅期 “悲しい末路”を避けるには?

開発者の人材不足に対処する方法として、企業はローコード/ノーコード開発に期待を寄せている。ただしローコード/ノーコード開発ツールを使う際は、幾つかのリスクに注意を払わなければいけない。それは何か。(2024/01/23)

news06.jpg

「手作業の運用管理は非効率」 調査が示す、IT管理者の悲鳴

手作業によるシステム運用管理は、どれほどの生産性損失につながるのか。調査会社Forrester Researchのレポートから、IT運用に関わる現場の声を紹介する。(2024/01/15)

news03.jpg

AWSは本当に「生成AIの高負荷に耐えられるクラウド」なのか? AWSに聞いた

生成AIを活用するときに悩ましいのが、コンピューティング能力の確保だ。AWSは複数のサーバで並列計算する高性能計算(HPC)を効果的に実施する機能を提供している。(2023/12/28)

news06.jpg

「Amazon Bedrock」だけじゃない AWSで「生成AI」を使いこなす方法を深掘り

AWSは生成AIの基盤モデルを提供しているが、オープンソースや自社開発の基盤モデルは使えるのか。他システムで使っているデータを学習させることは可能なのか。(2023/12/22)

news14.jpg

「脱オンプレミス」するほどコストが減らない“予想外の理由”とは

オンプレミスとクラウドサービスの“いいとこ取り”をしてクラウドストレージを利用する企業の中には、ある理由からクラウドストレージの利用を継続できなくなる企業がある。何が問題となっているのか。(2023/12/20)

news12.jpg

クラウドストレージの「妥協案」が招く“まさかの結末”とは

オンプレミスのストレージとクラウドストレージを使う「ハイブリッドクラウドストレージ」が“理にかなった選択”だと企業は考えるようになった。だがそれが本当に正しいとは言えない。何が問題なのか。(2023/12/14)

news10.jpg

生成AIを「AWSのクラウド」で始める“基本の基” 知らないと損?

AWSやAzure、GCPのようなハイパースケーラーのクラウドサービスでこそ、生成AIの真価を引き出せる可能性がある。それはなぜなのか。AWSで生成AIを活用する方法を担当者に聞いた。(2023/12/14)

news08.jpg

英国歳入関税庁が「脱メインフレーム」を決断するしかなかった理由

英国歳入関税庁が、メインフレームからクラウドサービスに移行するために投資を決断した。投資額は15カ月間で440万ポンドにもなる。なぜ英国政府はクラウド移行を急ぐのか。(2023/12/04)

news02.jpg

HDDがいくら激安でも“あのコスト”を入れると「SSD」は高くない?

SSDとHDDの容量単価の差は縮まってきている。一方でストレージを選定する際は、容量単価以外も比較することが欠かせない。SSDとHDDの具体的な比較ポイントと、それぞれの特徴とは。(2023/11/30)

news07.jpg

旧ERPをやめたメーカーが「Dynamics 365」で“最高の結果”をたたき出せた訳

老舗シューズメーカーBlundstoneは、クラウドERP「Dynamics 365」を導入。「年末商戦がうまくいったのはDynamics 365のおかげ」だと語る。Dynamics 365を短期間で導入するために、同社がこだわったポイントは。(2023/11/29)

news08.jpg

Googleが「データセンター機器の耐用年数」を見直した“なるほどの理由”

Googleは2023年度第3四半期の決算発表において、同年度に実施してきた一連のコスト削減策について説明した。データセンター機器の耐用年数を変更した理由と結果とは。(2023/11/28)

news04.jpg

「SSDが高い」はもう古い? 独自調査で見えたSSD、HDDの現状

SSDの容量単価は下落傾向にあり、HDDとの価格差は狭まってきている。SSDとHDDそれぞれの価格推移や、容量の変化はどのような状況なのか。独自の調査を基に分析する。(2023/11/23)

news05.jpg

「Oracle Database」ユーザーへのお願いから読み解くOracleの“本当の狙い”

Oracleは「Oracle Database」の古いバージョンをアップグレードするようユーザー企業に推奨している。背景にはサポート体制の継続以外にも、同社の戦略的な狙いがあるという。それは何か。(2023/11/15)

news05.jpg

「Oracle Database」のサポート体系が変更 料金への影響は?

Oracleは2023年6月、「Oracle Database」の「19c」よりも前のバージョンにおけるサポートの種類を変更した。Oracle Databaseを運用中の企業に影響はあるのか。Oracleの狙いとは。(2023/11/08)

news05.jpg

「産業用メタバース」はなぜ普及しそうにないのか?

メタバースは製造業をはじめとする産業界での活用が期待されるが、普及が順調に進んでいるとは言い難い。背景にある要因や、メタバースの普及に必要な条件とは何かを解説する。(2023/11/07)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。