「SSDが高い」はもう古い? 独自調査で見えたSSD、HDDの現状SSDがHDDに価格勝負【前編】

SSDの容量単価は下落傾向にあり、HDDとの価格差は狭まってきている。SSDとHDDそれぞれの価格推移や、容量の変化はどのような状況なのか。独自の調査を基に分析する。

2023年11月23日 08時00分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 SSDの容量単価が下落傾向にあり、HDDの容量単価との差が縮まってきている。SSDはどれくらい高くなくなっているのか。英Computer Weeklyの調査と分析を基にして、SSDとHDDの容量単価とその変化、SSDとHDDの容量増大の動向などを見ていこう。

SSDはもう“高過ぎ”ではない?

 まず2023年10月第3週時点におけるSSDの1GB当たりの平均価格は、0.075ドルだった。過去からの増減や、HDDの容量単価などは次の通りとなった。

  • SSDの容量単価はおよそ半年前の約0.09ドルから10%以上下落
  • HDDの1GB当たりの価格は、半年前とほぼ同じ水準を維持
    • ストレージインタフェースが「SAS」(Serial Attached SCSI)の場合は0.05ドル
    • ストレージインタフェースが「SATA」(Serial ATA)の場合は0.035ドル

 この調査は、ストレージ製品価格比較Webサイト「diskprices.com」がAmazon.comから収集したデータをComputer Weeklyが分析した結果に基づいている。diskprices.comはAmazon.comから毎週平均600件以上のストレージ製品の価格や仕様に関する情報を収集している。SSDとHDDのデータは種類別にフィルタリングを実施し、1GB当たりの平均価格を週ごとに算出する。

 対象となるストレージには、「TLC」(トリプルレベルセル)や「QLC」(クアッドレベルセル)、「MLC」(マルチレベルセル)などの記録方式を採用するSSDの他、SASやSATAのストレージインタフェースを備えるHDDなどが含まれる。対象となるHDDの容量は1TB未満から22TBまで、SDDは1TB未満から8TBまでだ。市場に出回っているSSDとHDDの平均容量は、およそ3.6TBだった。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...