マスタデータ管理予算の獲得手順教えますColumn

マスタデータ管理(MDM)とは、異なるシステムに散在するマスタデータを統合し、管理する手法。MDMの予算を獲得するには、ビジネス部門にMDM構想の必要性を認めさせる必要がある。そのための手順を紹介しよう。

2006年01月24日 09時16分 公開
[TechTarget]

 IT部門がマスタデータ管理(MDM)のための予算を要求するに当たっては、ビジネス部門に目を向ける必要がある。

 米カールソン・ホテルズ・ワールドワイドのITグループでは、フランチャイズ加盟ホテルに600種類に上る資産管理システムが使われていることによって生じていた問題を解決するには、MDMツールと顧客データ統合ツールが必要であると考えていた。しかしITグループは、単にインフラ問題の解決に必要な予算を要求するのではなく、各業務部門に出向き、整合性のないデータによって生じている問題を探ったという。

 そのため、MDMの予算要求が取締役会で検討されたとき、ITグループは自社のデータ管理の問題がビジネスの制約要因になっているという状況を容易に示すことができた。また、これらの問題を解決すれば、顧客とのコミュニケーションの改善やリポーティングシステムの改善といった重要なビジネス構想を実現できるということを示すこともできた。カールソンでは現在、IBMの「WebSphere Customer Center」を導入中であり、さらに多くのMDM問題に対処するために追加予算を確保したという。

 MDM構想の必要性を認めさせるに当たっては、幾つかの重要な手順を踏む必要がある。それを紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。