2006年06月01日 09時41分 公開
特集/連載

シンプルで強力なワークフローツールとしてのWikiプロジェクト管理ソフトとして使う

小規模なプロジェクトの情報共有ツールとして、メールでは力不足、高機能なプロジェクト管理ソフトではオーバースペックだ。シンプルで強力なツール「Wiki」に注目しよう。

[TechTarget]

 ワークフローソフトやプロジェクト管理ソフトを導入する場合、必要のない複雑な機能を持った製品をわざわざ買うことはない。グループの生産性を飛躍的に高めるシンプルなソフトウェアツール、Wikiを選ぶという手があるからだ。

 Wikiとは何か。インターネットで最大の情報源の1つとなっているWikipediaのサイトを使ったことがある人は、Wikiで何ができるかを体験していることになる。

 WikipediaはオープンソースのMediaWikiエンジンをベースにしており、数十万人のユーザーからの投稿を受け付けて400万近くの記事を提供している。だが、Wikiは大規模に利用しなくても構わない。実は少人数のユーザーグループで使うのに最適だ。

 Wikiを使えば、文書を共同で作成、編集できる。誰でもあらゆる文書について内容を追加したり変更したりでき、すべての変更は履歴データベースに記録される。このため、作業の経過をたどったり、変更を取り消すことも簡単にできる。仲間同士で自由にマーカーで書き込んでいけるHTML版ホワイトボードのようなものだ。更新情報は電子メールやRSSフィードでプロジェクトメンバーに配信できる。ほとんどのWikiはファイル添付もサポートしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...