日本アイ・ビー・エム、設定や管理が容易な中堅企業向け低価格ストレージを発売NEWS

日本アイ・ビー・エムは、設定や管理が簡単なエントリークラスのディスクストレージ製品「IBM System Storage DS3000シリーズ」2モデル4機種を発表、出荷を開始した。

2007年03月08日 21時52分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは3月8日、同社のx86サーバ「IBM System x」シリーズならびにブレードサーバ「IBM BladeCenter」での利用に特化した、設定や管理が簡単なエントリークラスのディスクストレージ製品「IBM System Storage DS3000シリーズ」2モデル4機種を発表し、出荷を開始した。

 本シリーズは、中堅企業から大企業の部門ストレージシステムとして、幅広く利用できる製品。ディスク容量を本体のみで最大3.6TB、拡張ユニットの利用で最大14.4TBまで増設できるため、特に保存データ量の多いシステムや、将来拡張が予想されるシステムなどへの導入に適している。また、無償で提供されるストレージ管理ソフトウェア「DS3000 Storage Manager」により、ストレージシステムの設定や管理は容易に行えるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。