2007年03月08日 21時52分 公開
ニュース

日本アイ・ビー・エム、設定や管理が容易な中堅企業向け低価格ストレージを発売NEWS

日本アイ・ビー・エムは、設定や管理が簡単なエントリークラスのディスクストレージ製品「IBM System Storage DS3000シリーズ」2モデル4機種を発表、出荷を開始した。

[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは3月8日、同社のx86サーバ「IBM System x」シリーズならびにブレードサーバ「IBM BladeCenter」での利用に特化した、設定や管理が簡単なエントリークラスのディスクストレージ製品「IBM System Storage DS3000シリーズ」2モデル4機種を発表し、出荷を開始した。

 本シリーズは、中堅企業から大企業の部門ストレージシステムとして、幅広く利用できる製品。ディスク容量を本体のみで最大3.6TB、拡張ユニットの利用で最大14.4TBまで増設できるため、特に保存データ量の多いシステムや、将来拡張が予想されるシステムなどへの導入に適している。また、無償で提供されるストレージ管理ソフトウェア「DS3000 Storage Manager」により、ストレージシステムの設定や管理は容易に行えるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...