2007年09月27日 19時46分 公開
ニュース

ネットスプリング、複数台のLAN認証ゲートウェイを統合管理するアプライアンスを発売NEWS

ネットワークへの不正アクセスを防止するLAN認証ゲートウェイ「FEREC 520/720」複数台を一括管理するFEREC統合管理アプライアンス「Center2」

[TechTarget]

 ネットスプリングは9月27日、ネットワークへの不正アクセスを防止するLAN認証ゲートウェイ「FEREC 520/720」複数台を一括管理するFEREC統合管理アプライアンス「Center 2」を発表した。2008年1月下旬から出荷を開始する。

 FERECは、ネットワーク内部からのアクセスを個別に認証・管理し、不正アクセスなどによる情報漏えいを防止するアプライアンス機器。利用者は、Webブラウザの起動時に強制的に表示される認証画面でユーザー名とパスワードを入力する。FEREC単体でユーザーアカウントを発行する内部認証や外部の認証サーバのLDAP/RADIUS認証を通過したそれぞれのユーザーに対し、ファイルサーバ、プリンタ、インターネットなど、許可されたリソースのみを利用可能にする。

 同社はこれまで、FERECを複数台導入するユーザー向けに一括管理ソリューションとして「FEREC Center」を個別に提供してきた。今回発表されたCenter2は、FERECの主力製品がバージョン2.0系となるFEREC 520/720へ移行したことを受け、これらに対応するFEREC Centerの新モデルとなっている。

 各FERECの稼働状況やログインユーザーの一覧表示、個別設定、ユーザーごとの履歴表示などの機能を搭載。コンプライアンス確保のための効率的なログ管理手法を提供するとしている。また、ネットワーク内のFERECに対する登録や更新、削除などといった一括管理機能も追加される予定だ。

関連ホワイトペーパー

認証 | 情報漏洩 | コンプライアンス


ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...