イー・デスク、学生・教育機関向け月額1500円のグループウェア料金プランを発表NEWS

グループウェア「イーデスク3」の利用料金が100ユーザー2Gバイトまで月額1500円。管理組織作成数/メールアドレス作成数は契約容量・アカウント内で無制限

2007年12月07日 19時54分 公開
[TechTarget]

 イー・デスクは12月7日、同社のグループウェア「イーデスク3」の新料金プラン「イーデスク3アカデミック」を発表、12月12日より販売を開始する。イーデスク3は、グループウェアの標準機能を搭載するASPサービス。Microsoft Outlookとのデータ互換が可能なほか、携帯電話対応やWebDAVを用いたファイル管理機能、複数組織の一元管理機能が特徴となっている。

 「イーデスク3アカデミック」は、学校・教育機関および学生・教職員を対象とし料金プランで、初期費用が0円、基本料金が月額1500円および年額1万5000円。契約期間は1カ月または1年となっており、初期ユーザーアカウントは100人、初期データ容量は2Gバイト。管理組織作成数は契約ユーザーアカウント数内で無制限、メールアドレス作成数は契約データ容量内で無制限となっている。また、追加ユーザーアカウントは月額1000円(100人単位)、データ容量の追加は月額250円(1Gバイト単位)。

 なお、学校・教育機関以外に適用する通常プランは初期費用が0円、基本料金が月額3000円および年額3万円となっている。

関連ホワイトペーパー

グループウェア | ASP | Outlook | ROI


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...