2008年01月08日 18時58分 UPDATE
ニュース

NEWSフレパー・ネットワークス、物流センターを利用した分散ストレージサービスの構築を開始

広域負荷分散ストレージサービス「Digital Data DAM」を応用した自動遠隔分散システムにNTTロジスコの物流センターを利用した、バックアップストレージサービス「Digital Data Bank」の構築を開始

[TechTarget]

 フレパー・ネットワークスは1月8日、同社の広域負荷分散ストレージサービス「Digital Data DAM」を応用した自動遠隔分散システムにNTTロジスコの全国16拠点の物流センターを利用したバックアップストレージサービス「Digital Data Bank」の構築を開始した。

 Digital Data Bankは、各種文書ファイルやメールアーカイブ、画像、音声、監視カメラ映像などのデータを自動的に複数拠点にバックアップするほか、バックアップデータを外部メディアにコピーしたり指定場所へ配送したりできるストレージサービス。データは常時複数台のサーバに自動保管されるため、データ消失の不安を解消できることなどが特徴。また、アップローダの提供により技術者の人的リソースを軽減できるとしている。

 現在、Digital Data Bankは2008年3月の販売開始に向け、フレパー・ネットワークスとNTTロジスコの取引企業を中心に実証実験からの利用促進を展開している。企業が管理するPCに保存されたデータをバックアップする「オフィス版」と、企業が運用するサーバに保存されたデータをバックアップする「データセンター版」を提供予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。