2008年01月18日 19時19分 公開
ニュース

ファーストサーバ、汎用コンピューティングサービス「GS1-HG」を発売NEWS

HDD 120Gバイト、メモリ1.5Gバイトの汎用コンピューティングサービス「GS1-HG」を提供開始

[TechTarget]

  ファーストサーバは1月18日、ユーザーニーズに合わせたサーバ環境構築が可能な汎用コンピューティングサービス「GS1」の上位サービスとして「GS1-HG」を発表した。Linux版「GS1-L-HG」(初期費用3万6750円/月額費用3万3600円)とWindows版「GS1-W-HG」(初期費用3万6750円/月額費用4万3050円)を1月21日より提供開始する。

 GS1-HGは、120GバイトのHDDと1.5Gバイトのメモリを搭載するなど、スケーラビリティとパフォーマンスを向上。また、SWsoftの「Virtuozzo」によるサーバ仮想化に対応するとともに、処理能力とHDDの耐障害性を高めるためにEMCジャパンのSANを採用。同社はGS1-HGをテストサーバや小・中規模のシステム運用に適したサービスとしている。

 また、GS1-HGをデータベース専用サーバやファイアウォール専用サーバとし、GS1をアプリケーションサーバや社内業務システムサーバとして組み合わせることで、1台ですべての処理を実行させるよりも大規模なシステム構築が可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

サーバ | SAN | EMC | スケーラビリティ | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...