ファーストサーバ、汎用コンピューティングサービス「GS1-HG」を発売NEWS

HDD 120Gバイト、メモリ1.5Gバイトの汎用コンピューティングサービス「GS1-HG」を提供開始

2008年01月18日 19時19分 公開
[TechTarget]

  ファーストサーバは1月18日、ユーザーニーズに合わせたサーバ環境構築が可能な汎用コンピューティングサービス「GS1」の上位サービスとして「GS1-HG」を発表した。Linux版「GS1-L-HG」(初期費用3万6750円/月額費用3万3600円)とWindows版「GS1-W-HG」(初期費用3万6750円/月額費用4万3050円)を1月21日より提供開始する。

 GS1-HGは、120GバイトのHDDと1.5Gバイトのメモリを搭載するなど、スケーラビリティとパフォーマンスを向上。また、SWsoftの「Virtuozzo」によるサーバ仮想化に対応するとともに、処理能力とHDDの耐障害性を高めるためにEMCジャパンのSANを採用。同社はGS1-HGをテストサーバや小・中規模のシステム運用に適したサービスとしている。

 また、GS1-HGをデータベース専用サーバやファイアウォール専用サーバとし、GS1をアプリケーションサーバや社内業務システムサーバとして組み合わせることで、1台ですべての処理を実行させるよりも大規模なシステム構築が可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

サーバ | SAN | EMC | スケーラビリティ | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...