2008年05月28日 17時41分 公開
ニュース

富士通とMS、仮想化システム構築のための支援センターを共同設立NEWS

PCサーバ「PRIMERGY」と「Microsoft Windows Server 2008」に標準実装される仮想化テクノロジー「Hyper-V」による仮想化システムの設計/構築を支援する。

[TechTargetジャパン]

 富士通とマイクロソフトは5月28日、仮想化システムの構築を支援する「富士通 Hyper-V 仮想化センター」を富士通の総合検証センター「Platform Solution Center」内に共同で設立した。

 富士通 Hyper-V 仮想化センターは、富士通のシステム構築技術とマイクロソフトの製品技術を基に、PCサーバ「PRIMERGY」とWindows Server 2008に標準実装される仮想化テクノロジー「Hyper-V」による仮想化システムの設計/構築を支援するためのもの。両社より専任の技術者を結集し、システム導入検討に際してサーバ総数320台による検証環境を利用したデモンストレーションの実施や実機検証作業を支援する。マイクロソフトが2008年夏に予定しているHyper-Vの正式提供を前に設立することで、ユーザーが安心して導入を検討できる環境を提供する。

 また、同センターでは物理環境からHyper-Vによる仮想環境への移行やサイジングに必要な技術情報やノウハウ、設計情報、構築事例といった構築/運用に必要な情報などの提供を行うとともに、「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008」などの仮想環境導入/構築フェーズの支援ツールを提供。Hyper-Vのエンジニア育成のための技術研修、教育も実施するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...