2008年06月17日 19時04分 公開
ニュース

JAXAがEMCのストレージ導入、衛星「だいち」の観測データ処理を高速化NEWS

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測研究センターが、高速/大容量ストレージソリューション「EMC CLARiX CX3-80」および「EMC Celerra NSX」を導入した。

[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは6月17日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のJAXA地球観測研究センター(EORC)に、高速/大容量ストレージソリューション「EMC CLARiX CX3-80」および「EMC Celerra NSX」を導入したことを発表した。これにより、「だいち」の愛称で知られる陸域観測技術衛星(ALOS)が収集した観測データの処理/保存を高速化するとともに、管理性を向上した。

 だいちによる地球観測で収集するデータは1日当たり1Tバイトに上り、EORCでは日々増大するデータをいかに高速に処理し保存するかが課題となっていた。これまでEORCでは、だいちの観測データ処理/保存システムとして、2004年に導入したSATAディスク搭載のLinuxサーバをファイルサーバとして利用していたが、システム更改を迎えるに当たって問題点を検討。その結果ミッドレンジストレージEMC CLARiX CX3-80と、ハイエンド向けNASゲートウェイEMC Celerra NSXを導入した。

 Celerra NSXは「N+1」のクラスタ構成で冗長化され、2系統のファイバーチャネル(FC)スイッチを装備してシステム全体の信頼性と可用性を高めている。また、CLARiX CX3-80では、FC接続とSATA接続の2種類のディスクを混載しており、性能が求められる解析処理用などにはFCディスク、大容量が求められる解析後データなどの保存にはSATAディスク、というように使い分けることで、高速処理と大容量データ保存を同時に実現している。

 新システムは既存システムの2倍以上の性能を実現しただけでなく、運用管理面も大幅に改善。現在設置されている18台のファイルサーバの管理業務が1台のコンソールで可能な上、24時間オンラインで保守するため、今後の管理負荷の大幅な軽減も期待される。

 だいちのミッション目標期間は5年とされており、全期間の観測データを保存していくためにはペタバイト級のストレージ容量が必要になると予測される。JAXAは今回導入したストレージソリューションを基に、将来的には容量拡張と省電力/省スペース化を見据えたシステム構築を検討するという。

関連ホワイトペーパー

EMC | ストレージ | 運用管理 | クラスタ | NAS


ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...