CTC、日本HP、MSがHyper-Vを活用した仮想化ソリューションを共同検証NEWS

CTCの技術検証センター「TSC」内で、日本HP製のサーバおよびストレージとマイクロソフトの「Microsoft Hyper-V」および「Microsoft Virtual Machine Manager 2008」を組み合わせ、ソリューション検証を共同実施する。

2008年08月27日 18時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)、日本ヒューレット・パッカード(HP)、マイクロソフトの3社は8月27日、日本HPのx86サーバ「HP ProLiantサーバ」、ストレージ製品群「HP StorageWorks」と、マイクロソフトのサーバ仮想化技術「Microsoft Hyper-V」およびサーバ仮想化の管理製品「Microsoft Virtual Machine Manager 2008」を組み合わせ、ソリューション検証を共同実施することを発表した。

 本協業に基づき、3社はCTCの技術検証センター「テクニカルソリューションセンター(TSC)」内で、導入環境を想定したシステムとしてHP ProLiantサーバ、HP StorageWorks、Microsoft Hyper-V、Microsoft Virtual Machine Manager 2008の基本動作、キャパシティー、可用性などの検証を共同で実施。TSCでは「HP ProLiant DL360 G5」および「HP ProLiant DL380 G5」を検証用プラットフォームとして、ネットワークスイッチなどをマルチベンダー環境で準備し、サイジングデータの取得やシステム構築手法の確立を目指す。検証結果はホワイトペーパーとして10月に一般公開予定。また、協業内容にはMicrosoft Hyper-V、Microsoft Virtual Machine Manager 2008のデプロイメントマニュアル(構築ガイド)の作成やHyper-Vエンジニアの早期育成なども含まれている。

 CTCでは、本検証で確立したシステム構築手法で構築したサーバ統合ソリューションを仮想化ソリューションのラインアップとして、今秋より提供するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...