マクニカネットワークス、WAN高速化製品にも対応した統合リポーティングツールの最新版NEWS

マクニカネットワークスは、Blue Coat PacketShaper/ProxySG向け統合リポーティングツールの最新版「LaLaViewer V3.0」を発表した。各製品単体では実現が難しかった1分間隔の統計情報の取得や長期保存、グラフ表示などに対応した。

2010年01月13日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 マクニカネットワークスは1月12日、同社が国内1次販売代理店を務めるブルーコートシステムズの帯域制御装置「PacketShaper」およびセキュアWebゲートウェイ/WAN高速化装置「ProxySG」向けに開発した統合トラフィックリポーティングツールの最新版「Macnica LaLaViewer V3.0」を発表、同日より販売開始した。

 新製品は、これまでPacketShaperのみに対応していたトラフィックの統計情報取得やコンフィグバックアップなどのサポート機能をProxySGまで拡張。ブルーコート各製品単体では実現が難しかった1分間隔の統計情報の取得や長期保存、グラフ表示を可能にした。新機能としては、日本語/英語の言語選択、閲覧したい期間のデータへ簡単にアクセス可能なグラフのカスタマイズ表示(色分け、塗りつぶし、重ね合わせ、積み上げ)、複数にわたる機器情報のクロス分析機能が追加されている。

画像 LaLaViewer の活用構成イメージ

 導入費用は、PacketShaperまたはProxySGが1台分、管理ユーザーが5ユーザーの基本ライセンス(型番:LVBCS-BL)が20万円。ライセンスを5台追加するごとに別途料金が発生し、30台以上の追加は個別見積もりとする。

関連ホワイトペーパー

WAN高速化


ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...