2010年01月21日 09時00分 公開
ニュース

ネットアップ、重複排除対応の仮想デスクトップ向けストレージ管理ソフトを無償提供NEWS

ネットアップは、デスクトップ仮想化環境に対応したストレージ運用管理ソフトウェアの最新版「Rapid Cloning Utility 3.0」の提供を開始する。

[TechTargetジャパン]

 ネットアップは2月1日、デスクトップ仮想化環境に対応したストレージを効率的に運用管理するソフトウェアの最新版「Rapid Cloning Utility 3.0」を提供開始する。

 Rapid Cloning Utilityは、デスクトップの仮想サーバ環境を構築・運用するソフトウェア「VMware View 4」上で動作するOS、アプリケーション、データのコピーを、ネットアップのストレージと連携して自動的に管理するソフトウェアだ。VMwareの仮想化管理ツール「VMware vCenter」のプラグインとして提供されている。

 仮想デスクトップ環境では、クライアントの仮想デスクトップイメージをサーバ側で持つため、クライアントの台数が増えればその分サーバ上に仮想デスクトップイメージが増え、ストレージの消費容量も増加するといった課題がある。そこでRapid Cloning Utilityは、仮想的にデータを複製する「FlexClone」と連携し、デスクトップ仮想化の際に、ストレージ消費量を抑えながら容量を割り当て、仮想デスクトップイメージの複製を高速で処理する。

 Rapid Cloning Utility 3.0では、従来バージョンでは利用できなかった重複排除機能を新たに搭載した。仮想デスクトップ上の冗長なデータの削除を、VMware vCenterの管理画面から自動実行できる。また、ファイルシステムがNFS(Network File System)の場合は、割り当て容量をオンラインで拡張・縮小できる。

 なお、Rapid Cloning Utility 3.0は、ネットアップの顧客とパートナー向けのサポートサービス専用サイト「NOWサイト」より無償でダウンロード可能。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...