2010年02月04日 08時00分 公開
特集/連載

2010年のクラウドコンピューティングを展望するクラウドバブルはまだはじけない

新プラットフォームやAPI、セキュリティ問題など、クラウドコンピューティングをめぐる状況について具体的な予測を立ててみた。

[George Lawton,TechTarget]

 2010年は、クラウドインフラサービスが(ゆっくりとではあるが)進歩するだろう。新たなプラットフォームがリリースされ、新しいAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)が開発され、プライベートクラウドが企業に進出し始めるだろう。同時に、企業ではソフトウェアやアプリケーションのテスト、ディザスタリカバリ、Webサイトの拡張といった目的でもクラウドが利用されるようになるだろう。しかしクラウド業界の発展と成長は、IT業界全般と比べると、ゆるやかで段階的なものになると予想される。 業界関係者らの話に基づき、2010年のクラウドコンピューティングをめぐる状況について具体的な予測を立ててみた。

アプリケーションの充実

 2010年、クラウドアプリケーションで最も成長すると予想されるのが、ソフトウェアのテスト、データ分析、ディザスタリカバリ、メールマーケティングの分野だ。ほかのアプリケーション分野でも、ある程度の成長が見られるだろうが、セキュリティをめぐる懸念や連係が難しいといった問題が障害になるだろう。

プラットフォーム元年

 PaaS(Platform as a Service)は、クラウドでさらに重要な役割を果たすようになる。その勢力は、IaaS(Infrastructure as a Service)やSaaS(Software as a Service)製品をしのぐことはないだろうが、成長率では両者を上回ると予想される。この成長をけん引するのが、「Windows Azure」のリリース、そしてそれをサポートしようと待ち構えている何百万人もの.NETプログラマーたちだ。  企業市場で米Salesforce.comのForce.comの重要性が高まる一方で、米IntuitのQuickBaseは、既に同社の会計アプリケーションを利用している数百万社の中小企業を引き付けるだろう。Ruby on Rails開発者の間では、HerokuEngine Yardなどのサービスの利用が拡大すると予想される。

 ミドルウェアやシステム管理製品の大手ベンダーは、勢力拡大を狙ってPaaS企業の大型買収に乗り出すだろう。この動きは、プライベート、パブリックあるいはハイブリッド型のクラウドにわたって動作するソフトウェア開発・配備・管理フレームワークの登場を促すだろう。そこで出現する課題の1つに、プログラミングインタフェースを普及させることがある。また、アプリケーションが特定のプラットフォームに結び付けられるようになるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...