2010年02月17日 09時00分 公開
ニュース

キヤノンと富士通、クラウド対応を見据えたICT機器の運用管理で協業NEWS

キヤノンのドキュメント入出力環境管理サービスと富士通のICT機器導入支援サービスを組み合わせ、複雑化する社内のIT機器管理を包括的に支援する。

[TechTargetジャパン]

 キヤノン富士通は2月16日、プリンティング機器およびIT機器の運用管理サービス分野で協業すると発表した。

 キヤノンのドキュメント入出力環境にまつわる業務を構築から運用まで包括的に支援する「キヤノン・マネージド・ドキュメント・サービス(Canon Managed Document Services)」と、富士通のICT機器の導入/運用にかかわる業務のアウトソーシング「ワークプレイス-LCMサービス」(参考記事)を組み合わせ、共同で提供する。

 両社はこれまで、インターネットを利用した複合機やプリンタの遠隔保守サービス、キヤノン製品のライセンス認証管理システムなど、さまざまなシステムの構築や運用で協力体制を築いてきた。

 今回の協業では、インターネット経由でソフトウェアや情報サービスを利用できるクラウドコンピューティングへの対応も見据え、両社の持つ技術を連携。生産性の向上とコスト削減、運用のスリム化を図るとともに、セキュリティや環境対応など新たな付加価値を提供するとしている。

 2010年3月には本格的なサービス体制を確立し、キヤノンマーケティングジャパンと富士通が共同で、日本の中堅/大手企業を対象にサービスの提供を開始。今後3年間で100社のサポートを目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。