2010年02月19日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSサイベース、Oracle Database 11gなどに対応した「Sybase Replication Server」の新版を発表

Oracleデータベース対応でSybase ASE/Sybase IQ間の高速データ移動を実現したほか、異種データベース環境でのレプリケーション機能拡張により幅広いデータ移動要求に応える。

[TechTargetジャパン]

 サイベースは2月18日、「Sybase Replication Server Heterogeneous Edition 15.2」を発表、同日より出荷開始した。

 Sybase Replication Serverは、データベース(DB)間のデータ移動と、基幹業務データの可用性を高めるためのミドルウェア。企業内に分散されたデータから必要な部分だけをコピーし、全社的な情報共有を可能にする。加えて、リカバリサイトへのデータ移動もできることから、「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」を基幹系システムのDBとして利用するユーザーが本製品を活用すれば、データ統合、DBの負荷分散、障害対策としても活用できる。

 新版では、「Oracle Database 11g」に加え、「Oracle Real Application Cluster」などのOracle DB環境をサポート。Oracle DBとSybase ASEや「Sybase IQ」間のデータ移動を、高パフォーマンスで実現するという。また、異種DB環境でのレプリケーション機能も拡張し、RASD(Replication Agent System Database)などの自動バックアップにも対応した。

 対応OSは、WindowsLinuxUNIX(HP-UX、AIX、Solaris)。価格は運用ライセンスが1CPU(コア)当たり419万9000円から。そのほかスタンバイ用ライセンスが105万円から、開発/テスト用ライセンスが126万円から(いずれも税別)となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...