2010年02月19日 09時00分 公開
ニュース

サイベース、Oracle Database 11gなどに対応した「Sybase Replication Server」の新版を発表NEWS

Oracleデータベース対応でSybase ASE/Sybase IQ間の高速データ移動を実現したほか、異種データベース環境でのレプリケーション機能拡張により幅広いデータ移動要求に応える。

[TechTargetジャパン]

 サイベースは2月18日、「Sybase Replication Server Heterogeneous Edition 15.2」を発表、同日より出荷開始した。

 Sybase Replication Serverは、データベース(DB)間のデータ移動と、基幹業務データの可用性を高めるためのミドルウェア。企業内に分散されたデータから必要な部分だけをコピーし、全社的な情報共有を可能にする。加えて、リカバリサイトへのデータ移動もできることから、「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」を基幹系システムのDBとして利用するユーザーが本製品を活用すれば、データ統合、DBの負荷分散、障害対策としても活用できる。

 新版では、「Oracle Database 11g」に加え、「Oracle Real Application Cluster」などのOracle DB環境をサポート。Oracle DBとSybase ASEや「Sybase IQ」間のデータ移動を、高パフォーマンスで実現するという。また、異種DB環境でのレプリケーション機能も拡張し、RASD(Replication Agent System Database)などの自動バックアップにも対応した。

 対応OSは、WindowsLinuxUNIX(HP-UX、AIX、Solaris)。価格は運用ライセンスが1CPU(コア)当たり419万9000円から。そのほかスタンバイ用ライセンスが105万円から、開発/テスト用ライセンスが126万円から(いずれも税別)となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...