2010年03月18日 09時00分 公開
ニュース

インフォテリア、マスターデータ統合管理ソフトの最新版「ASTERIA MDM One MI 1.2」を発表NEWS

大規模利用やITガバナンス適用において要望が高かったディレクトリサーバとの連携・認証機能を搭載し、各種仮想化プラットフォームなどにも対応した。

[TechTargetジャパン]

 インフォテリアは3月17日、マスターデータ統合管理ソフトウェア「ASTERIA MDM One MI(Master Intelligence)」の最新版(ver. 1.2)を出荷開始した。

 ASTERIA MDM Oneは、企業システムのマスターデータ(顧客情報や製品情報など事業活動の根幹となるデータ)をシステム間で共有することで、データの品質向上を支援するソフトウェア。マスターデータを仮想的に統合するハブやマスターデータのライフサイクルを一括管理するインタフェース、マスターデータの品質を高めるサービス、MDM方法論を提供しMDM導入をスムーズに支援するサービスなどで構成されている。

 最新版では、大規模利用やITガバナンス適用において要望が高かったというLDAPv3準拠ディレクトリサーバとのアカウント連携・ログイン認証機能を搭載。また、動作環境として「Citrix XenServer 5.5」「VMware ESX」「Microsoft Hyper-V 2.0」「MySQL 5.0/5.1」などの各種仮想化プラットフォーム/オープンソースデータベースに対応した。従来よりも、マスターデータ管理システム構築の柔軟性が向上し、同ソフトの適用領域を拡大したという。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...