2010年03月18日 09時00分 公開
ニュース

インフォテリア、マスターデータ統合管理ソフトの最新版「ASTERIA MDM One MI 1.2」を発表NEWS

大規模利用やITガバナンス適用において要望が高かったディレクトリサーバとの連携・認証機能を搭載し、各種仮想化プラットフォームなどにも対応した。

[TechTargetジャパン]

 インフォテリアは3月17日、マスターデータ統合管理ソフトウェア「ASTERIA MDM One MI(Master Intelligence)」の最新版(ver. 1.2)を出荷開始した。

 ASTERIA MDM Oneは、企業システムのマスターデータ(顧客情報や製品情報など事業活動の根幹となるデータ)をシステム間で共有することで、データの品質向上を支援するソフトウェア。マスターデータを仮想的に統合するハブやマスターデータのライフサイクルを一括管理するインタフェース、マスターデータの品質を高めるサービス、MDM方法論を提供しMDM導入をスムーズに支援するサービスなどで構成されている。

 最新版では、大規模利用やITガバナンス適用において要望が高かったというLDAPv3準拠ディレクトリサーバとのアカウント連携・ログイン認証機能を搭載。また、動作環境として「Citrix XenServer 5.5」「VMware ESX」「Microsoft Hyper-V 2.0」「MySQL 5.0/5.1」などの各種仮想化プラットフォーム/オープンソースデータベースに対応した。従来よりも、マスターデータ管理システム構築の柔軟性が向上し、同ソフトの適用領域を拡大したという。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...