インフォテリア、SaaS型データ連携サービス「ASTERIA On Demand」を提供NEWS

データ連携ツール「ASTERIA WARP Lite」のすべての機能をSaaS型で提供する「ASTERIA On Demand」を提供開始

2008年01月17日 19時53分 公開
[TechTarget]

 インフォテリアは1月17日、EAIアプリケーション「ASTERIA」をベースとして開発されたデータ連携サービス「ASTERIA On Demand」の提供を開始した。

 本製品は、同社のデータ連携ツール「ASTERIA WARP Lite」のすべての機能をSaaS型で提供するもの。業務・財務・物流などの各種システム、データベース、Excelファイル、電子メールなど、さまざまなデータ変換に対応し、企業内のシステム連携を支援する。

 利用プランとして「ライト」「スタンダード」「プロフェッショナル」「エンタープライズ」の4種類を用意。価格は同時に実行できるパイプライン(データ処理の一連の流れ)数によって異なる(月額利用料金は以下を参照)。なお、すべてのプランで初期費用は無料となっている。

利用プラン 月額利用料金 同時実行パイプライン数
ライト 3万円 3
スタンダード 6万円 10
プロフェッショナル 10万円 20
エンタープライズ 25万円 無制限

 また、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce」との連携機能も提供しており、Salesforceのユーザー企業は導入時のデータ移行や運用時のデータ交換の効率化を図れるとしている。なお、ASTERIA On DemandにおけるSalesforce連携については、ソフトバンクBBを総販売代理店とするCRM導入のトータルソリューションとして展開していく。

関連ホワイトペーパー

SaaS | 運用管理 | 文書管理 | システム構築


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...