2014年のUC市場規模は2369億円、クラウド型UCが成長ポイントに――IDC JapanNEWS

IDC Japanは国内UC市場予測を発表。2009年は不況の影響で市場規模が若干縮小したが、2010年以降はUCアプリケーションが市場をけん引し、堅調な成長を続けるとの見方を示した。

2010年04月06日 12時47分 公開
[TechTargetジャパン]

 IDC Japanは4月5日、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)市場に関して2009年の実績および2010年以降の予測を発表した。それによると、同市場は中期的にUCアプリケーション/サービスがけん引し、中でもVoIP(Voice over IP)サービスやIP会議システム/テレプレゼンス、IPコンタクトセンターの各ソリューションが大きく成長するという。

 同社はUC市場を、IP-PBXや企業向けVoIPサービスなどの「UCプラットフォーム市場」、ユニファイドメッセージングやIP会議システムなどの「UCアプリケーション市場」、SIサービスなどの「UCプロフェッショナルサービス市場」、およびASPサービスを含む「UCアプリケーションサービス市場」に分類。さらに、同市場をソリューション別に「IPテレフォニー市場」「企業向けVoIPサービス市場」「ユニファイドメッセージング/プレゼンス管理市場」「IP会議システム/テレプレゼンス市場」「IPコンタクトセンター市場」の5セグメントに分類している。

画像 国内UC市場セグメント別エンドユーザー売上額予測(出典:IDC Japan)

 IDCによると、2009年のUC市場規模については、不況による企業のICT投資抑制の影響を受け、エンドユーザー価格ベースで対前年比1.5%減の1905億6400万円となった。特にIPテレフォニー市場が大きく影響を受けており、規模が前年比10.7%の大幅減となった。一方、業界の低迷にかかわらず堅調な成長を示したのがIP会議システムとIPコンタクトセンターシステムの市場。特にASP形態のサービスが高い成長率を維持し、市場全体を下支えしたという。

 また、2010年以降のUC市場について、年間平均成長率4.5%で成長し、2014年には2369億円規模に達すると予測。ソリューション別には、企業向けVoIPサービス市場、IP会議システム/テレプレゼンス市場、IPコンタクトセンター市場が高い成長率を維持するとみている。市場をUCアプリケーションやUCアプリケーションサービスがけん引する傾向は、中期的に継続するという。

 国内のUC市場が今後も成長を維持する条件として、同社アナリストは「ユーザー企業はUCにより利用方法をシンプルにした通信プラットフォームの活用を推進することが必要」としている。また販売チャンネル/機器ベンダー側は、IT投資のニューノーマル(新しい常識・価値観)に対応した販売戦略やクラウド型UCサービスへの準備を進めるべきだという。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。