ネットスイート、顧客管理とWeb会議を連携させるクラウド型CRMソリューションNEWS

ネットスイートは、「V-CUBE」と連携するクラウド統合営業支援システム「NetSuite Cinnect for V-cube」を発表。ビデオコミュニケーションをマーケティングやセールスに役立てられる。

2010年07月22日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ネットスイートは7月21日、ブイキューブ のビジュアルコミュニケーションサービス「V-CUBE」と、ネットスイートのSaaSCRMERP「NetSuite」を連携し、「NetSuite Connect for V-cube」としてサービス提供することを発表した。本製品の特徴は、企業規模を問わず、マーケティング活動全体のプロセスをクラウドに統合できる点。7月21日より販売開始する。

 本ソリューションは、V-CUBEが取得するセールス活動、Webセミナーなどによるコミュニケーション履歴をNetSuiteの顧客データベースと統合し、一元管理することが可能。潜在顧客に対する活動情報を顕在化させ、マーケティング、サポート、セールスのプロセスを構築することで、マーケティングの精度向上や顧客に最適化されたコミュニケーションが実現するとしている。

画像 NetSuite Connect for V-CUBE 概念図

 具体的には、V-CUBEのセミナー機能およびセールス/サポート機能を連携させ、ビジュアルコミュニケーションをマーケティングやセールス活動の成果に結び付ける。

 例えばマーケティング面では、セミナー参加情報と顧客データベースを連携させ、顧客ごとにターゲティングされたビデオコミュニケーションを提供したり、行動履歴に基づく効果的なマーケティング活動を展開したりできるという。また、顧客への提案からフィードバックまで、一連の営業活動を遠隔地から個別に行うといったセールス支援にも役立てられる。

 NetSuite Connect for V-CUBEは、同社の販売代理店であるアイネットが販売・サポートなどを行う。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...