ブイキューブがWeb会議のブランド名変更、「nice to meet you」から「V-CUBE」にNEWS

ブイキューブは、Web会議システムのブランド名を社名と同じ「V-CUBE」に統一。ブランディングを強化し、まず東南アジア地域を海外進出の足掛かりとする。

2010年05月18日 09時00分 公開
[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 ブイキューブは5月17日、同社のWeb会議システムのブランド名を「nice to meet you」から「V-CUBE」に変更すると発表した。製品/サービス名と社名を合致させることで、世界的なブランディングを推し進めるとしている。

 同社代表取締役社長の間下直晃氏は製品名を変更した理由について「『nice to meet you』という名称のイメージが企業向けには柔らか過ぎる、長く発音しにくいという問題を感じていた。また、今後ビジュアルコミュニケーションに専業化することから、グローバル展開を見越して社名と統一した」と説明する。

画像 「nice to meet you」から「V-CUBE」へブランド変更

 ブイキューブはブランド変更と同時に、東南アジア地域に販路を拡大することも明らかにした。現在マレーシアに現地法人を設立しており、今後シンガポール、タイ、ベトナム各国への進出も計画している。「アジア圏は日本と同様、会議で顔を突き合わせながら場の空気を読もうとする文化があるため」(同社)。現地の有力な通信事業者、サービスプロバイダーとのパートナーシップやOEM販売を通じて、2011年の売り上げ目標30億円の約16%に当たる5億円の売り上げを見込む。

画像 ブランディング強化や企業提携などでシェアを拡大すると語る間下社長。2011年には売り上げ30億円を見込む

 また、「いつ、どこでも使える」製品の強みを生かすため、モバイル端末のサポート強化や画質の向上を図るという。スマートフォンへの対応としては、ソフトバンクモバイルの「iPhone」やNTTドコモのAndroid端末「Xperia」に会議用アプリケーションを用意している(別記事参照)。さらに、「iPad」に向けて大画面を生かしたホワイトボード機能を搭載する対応アプリの提供も予定している。ほかにも、ホワイトボードに投稿されたMicrosoft Office ExcelやPDFなどの資料をベクター形式に画像変換し、拡大/縮小時の画質を保つ機能を提供開始した。

画像 iPadで会議参加するシーンを実演《クリックで拡大》

 V-CUBEはASPSaaS)形式およびサーバライセンス形式のWeb会議システムで、WebブラウザやWebカメラを利用して手軽に導入できる点が特徴。近年はオンラインセミナーや営業支援の用途が拡大しているという。今回「ミーティング」「セミナー」「セールス&サポート」「ビデオ」「ポータル」の5つのサービス名称が、V-CUBEブランドへと統一される。

関連ホワイトペーパー

ASP | Excel | iPhone | SaaS | スマートフォン


ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...