NEC、医薬品卸の販売・納入実績データ変換処理をクラウドサービス化NEWS

NECが医薬品メーカー向けに医薬品卸企業の販売・納入実績を把握するためのデータ変換処理システムをSaaS形式で提供する。

2010年11月09日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 NECは11月8日、医薬品メーカーが医薬品卸の販売・納入実績を把握するためのデータ変換処理である「実消化システム」をクラウドサービス化し、2011年1月から提供を開始すると発表した。

 実消化とは、医薬品メーカーにおける卸経由の製品販売実績を指す。医療機関や調剤薬局に納入された実績となる実消化データは、販売実績管理、分析・戦略策定などのマーケティング業務や人事業績評価といった、医薬品メーカーにおける重要な指標の基礎データとなり、各種の業務システムで活用されている。

 NECが発表した新サービスでは、同社の実消化テンプレートをベースにした機能をSaaS(Software as a Service)形式で提供する。同社によると、標準機能の中から必要な機能を選択して利用できるため、従来よりもサービス開始までの期間を短縮できるという。また、トランザクション量に応じた課金体系によって、ユーザーの規模に合わせた最適なコストでの利用が可能だとしている。

 このサービスでは、データ変換処理エンジンとしてNECのソフトウェア「InfoFrame DataBooster」を、運用基盤としてNECの共通IT基盤サービス「RIACUBE」を採用している。同社によると、医薬品メーカー各社が独自に構築・運用していた販売実績データ変換システムでは処理性能と維持管理コストが課題になっていたが、SaaS形式のサービスを利用することでそうした課題を解決できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。