2010年12月16日 08時00分 公開
特集/連載

パナソニック10数万人の大規模運用に耐えたWeb会議「リアルタイムコラボレーション」Web会議システム紹介:パナソニック ソリューションテクノロジー

ITベンダーが社内運用したシステムを外販するケースは珍しくない。ただ、パナソニックグループ全社規模の運用で培ったノウハウに裏打ちされた、Web会議システムの信頼性には目を向ける価値があるだろう。

[井上猛雄]

社内利用で開発した会議システムを外販

 パナソニック ソリューションテクノロジーは、オフィス業務プロセス改革ソリューションやサポート&サービスソリューションなどを法人向けに提供している企業だ。パナソニックグループのIT基盤の構築と運用で培ったITソリューションをベースに、企業ユーザーをサポートしている。

 今回紹介するWeb会議システム「リアルタイムコラボレーション」も、もともとはパナソニックグループにおいて社員のワークライフバランスの改善や生産性の向上を目指す「e-Work」というコンセプトを支援するために開発されたものだ。具体的には2004年に開発をスタートし、社内コミュニケーションツールとして「Curia(クーリア)」(ラテン語で会議場の意味)と命名、2006年から全社的に運用している。

画像 松田氏は、インタフェースなどに「パナソニックグループでの運用ノウハウが生かされている」と語る

 このCuriaは現在、「リアルタイムコラボレーション」という名称で外販されている。その特徴は、小規模から大規模まで幅広く対応できる懐の深さにある。「ASPサービスでは限られたリソースを提供する事業者が多い中、われわれの製品では100〜200ルーム規模の会議室を提供できる」と語るのは、ソフトウェアグループ プロダクト1チーム ASP事業担当の松田佳代氏。実際、前述のCuriaは、パナソニックグループにおいて10万人規模の社員が130ルーム以上の会議室を利用しているという。

 現在、リアルタイムコラボレーションは、ユーザーの導入目的や用途、セキュリティポリシーなどに応じて最適な運用形態を選択できるよう、4つのパターンで提供されている。まずインターネットに接続するパブリッククラウド型の提供形態として、マルチテナント方式でリソースを共有する「サーバリソース共有ASPモデル」と、サーバリソースをサーバ単位でユーザーに確保する「サーバリソース専有モデル」が用意されている。

画像 リアルタイムコラボレーションの4つの提供パターン《クリックで拡大》

 さらに、セキュリティポリシーの関係からプライベートクラウド型で利用したい場合、イントラネット接続型の「専用VPN回線+サーバリソース専有ASPモデル」が提供される。またクラウドではなく、社内に専用サーバを構築する「オンプレミスサーバモデル」にも対応。利用目的によって選べる点が特徴であるが、ここからは一番利用しやすいパブリッククラウド型サービスについて紹介していく。

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション | ビデオ会議 | ASP


ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...