2011年03月09日 09時00分 公開
特集/連載

「RAID後」の世界──ワイドストライピング/イレージャーコーディング進化するRAID(後編)

今日のRAIDシステムは、最新技術によってベーシックなミラードディスクよりも優れたパフォーマンスを提供する。

[Stephen Foskett,TechTarget]

ワイドストライピング、ストレージ仮想化、イレージャーコーディング

 前編「時代遅れのRAID認識を改めよう」に続き、RAID技術の進化を紹介していく。ストレージメーカー各社は、顧客のニーズに対応するためにRAIDレベルの修正・改良に熱心に取り組んできた。ワイドストライピング、ストレージ仮想化、イレージャーコーディング(※)といった技術がRAIDの基本前提を変えつつある。しかし、こういった取り組みの多くは、派手に宣伝されていないこともあってユーザーにはあまり知られていないため、従来のRAIDという呼称がそのまま残っているのだ。

訳注 Erasure Coding:定訳はないようだが、「消失符号」あるいは「消失訂正符号」という訳語も一部で使われている。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。

news087.jpg

「Tableau 2021.1」の強化ポイントと新コンセプト「ビジネスサイエンス」について
「拡張アナリティクス」から「ビジネスサイエンス」へ。Tableau Softwareは記者説明会を...

news121.jpg

セールスフォース×Snowflake×Amplitude 日本法人のキーパーソンが「グロースマーケティング」を語る
顧客の行動を理解し、的確な目標・指標を設計して高速に施策を繰り返す「グロースマーケ...