2011年05月26日 08時00分 公開
特集/連載

ベテランマネジャーが垣間見たOracle EBSプロジェクトの実態Oracle EBSプロジェクト最新動向【第1回】

大規模向けERPパッケージである「Oracle E-Business Suite」のプロジェクトを成功させ、経営に最大限生かすにはどうすればいいのか。経験豊富なコンサルタントがポイントを解説する。

[小林壮男,TIS]

問題となった運用の難しさ

 Oracle E-Business Suite(Oracle EBS)の大規模案件が盛んだったのは2000〜2010年だ。まずはそのころのプロジェクトの状況を簡単に振り返ってみよう。Oracle EBSの特徴や課題が見えてくる。

 この時期に問題となったのは、システムカットオーバー後もなかなか収束しないOracle EBSシステムの運用についての問題だった。特にエンドユーザー企業自身がOracle EBSを運用する場合、要件・仕様合意後に、キャパシティーや性能管理、障害監視、その他各種リポーティングなど運用に関する機能でプログラム追加を伴う問題が発生しているケースが見受けられた。

 ERP導入におけるアプリケーション開発は、プロジェクト全体における予算、開発規模、難易度など多くの面で規模が大きく、相対的にカットオーバー後の運用における課題が目立つことは少なかった。だが実際は、運用保守工程に入っても運用についての問題がなかなか収束しない事例が多くあった。以下で、運用についての問題が発生する理由を説明する。

意識の問題

 理由の1つは、ERPシステムなどの基盤領域は「実際に動かしてみないと、期待した通り動作するか、性能が出るか分からない」という側面があることだ。そのため要求事項・仕様を合意して、変更管理を通じてプロジェクトを管理するという意識が全般的にユーザー企業の中で弱くなっていたケースが多い。つまり、厳密に仕様が管理されるアプリケーション開発と比べて、運用は「なあなあ」になっていたと考えられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...