2011年10月11日 09時00分 公開
特集/連載

HTMLコードの自動最適化によるWebアプリのパフォーマンス向上HTMLの書き換えによるネットワークの効率化

パフォーマンスが低いWebアプリケーションを改善するには? WAN最適化によって高速化を図る従来の方法とは異なり、ネットワーク効率の観点からHTMLコードを最適化する方法が注目を集めている。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 一般的にWebベースアプリケーションの最適化とは「データセンターエンジニアがアプリケーションデリバリコントローラー(ADC)を使って、特定のパケットやプロトコルレイヤーを対象とした圧縮やキャッシング、SSLオフロード、ロードバランシングを実行する」ことを指している(関連記事:WAN最適化とアプリケーション高速化──データセンター統合成功の決め手)。しかし、「スタックの上位レイヤーに焦点を当て、HTMLコード自体の最適化によってパフォーマンス向上を図る」という新しいタイプのベンダーが登場している。

 Webコンテンツ最適化の専門企業を名乗るこうした新興企業は、Webページがユーザーのブラウザで効率的にロードされるように、HTMLを自動的に書き換えるアルゴリズムを開発済みだ(関連記事:Web2.0アプリのパフォーマンスを改善する10の方法)。

 この分野の新興企業にはカナダのStrangeloop、ニュージーランドのAptimize、イスラエルのAcceloWebなどがあるが、大企業もこの分野に関心を持っている。米Googleは独自のWebコンテンツ最適化サービス「Page Speed Service」をリリースしている。また、WAN最適化ベンダーの米Riverbed Technologyが2011年7月にAptimizeを買収し、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)プロバイダーの米Limelight Networksが5月にAcceloWebを買収している。さらにStrangeloopはCDNプロバイダーの米Akamaiと提携している。

ネットワーク効率の観点からHTMLコードを最適化

 HTMLプログラマーやWebデザイナーは、ネットワークエンジニアのようには考えない。彼らは「ナビゲートしやすく、機能的で、見栄えのする」Webページを作成しようとする。だが、ネットワーク効率については必ずしも考えない。20個の画像があるWebページでは、各画像のダウンロードのためにラウンドトリップが20回発生するかもしれない。これではリソースが消耗されてしまう。

ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。