みずほフィナンシャルグループが目指す、ストレージの理想像とは?「NetApp Innovation 2011 Winter」リポート【前編】

国内の銀行系企業ではネットアップストレージを最大規模で導入しているみずほフィナンシャルグループ。担当者が同グループにおける今後のストレージ戦略を語った。

2011年12月14日 09時00分 公開
[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 2011年12月7日に開催されたネットアップのプライベートイベント「NetApp Innovation 2011 Winter」の基調講演では、大規模なストレージシステムを構築した2つの事例が発表された。今回はその中からみずほフィナンシャルグループ(以下、みずほグループ)の事例を紹介しよう。

グループ全体で3.1ペタバイトのストレージ容量

photo みずほ情報総研の高木氏

 「グループ全体におけるネットアップのストレージ容量は3.1P(ペタ)バイト。ネットアップの事例としては国内の銀行系企業では最大規模、ワールドワイドでも15位以内に入る」

 みずほ情報総研 専務取締役 高木和幸氏は、導入規模の大きさを講演でこう説明した。みずほ情報総研は、みずほ銀行やみずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行などを傘下に持つみずほグループの戦略子会社。同グループのIT分野を支える役割を担っている。

 みずほグループにおけるネットアップの導入例の1つとして、高木氏はグループの集約基盤システムに同社の製品を採用していることを紹介した。このシステムは、みずほグループの各システムに対してIAサーバの仮想、物理の両環境におけるリソースを提供するIaaS(Infrastructure as a Service)基盤だ(関連記事:今さら聞けない! 各種クラウドサービスの違い)。2008年に開発に着手し、2009年に本番稼働している。

photo 集約基盤システムの概略図《クリックで拡大》

 高木氏によると、このシステムの立案時にストレージを選定するに当たり、以下の3つの要件を重視したという。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...