2012年02月07日 18時27分 公開
ニュース

国産リージョナルジェット「MRJ」がPTC製品を採用NEWS

約50年ぶりの国産リージョナルジェット機として期待されるMRJのカスタマーサービス部門にPTC製品が採用された。100を超える機体の管理を担う。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 三菱航空機が開発を進める次世代リージョナルジェット機「MRJ」は、信頼性・整備性管理基盤をPTC製品で構築する。2012年2月7日にPTCが発表した。

 MRJは約50年ぶりに日本で開発される航空機。座席数70〜90と、現在注目されているリージョナルジェット市場向け航空機だ。

 機体の胴体・主翼・尾翼などの主要システムの製造、最終組立などは三菱重工が担当しており、設計や資材調達、販売、サポートは三菱航空機が行う。2010年9月に部品の製造を開始、2011年4月には組み立てを開始しており、2012年中に初飛行を実現し、本格的な生産(機体製造)を開始する予定。2014年第1四半期の初号機納入を目指している。現段階で100機以上の受注を得ている。

国産リージョナルジェット「MRJ」 国産リージョナルジェット「MRJ」(画像提供:三菱航空機)

 今回、三菱航空機はPTCが提供する信頼性工学系の解析・計算支援ソフトウェアである「Windchill Quality Solutions」(旧Relex)とドキュメント管理ソフトウェア「Arbortext Service Information Solutions」を選定した。Arbortext Service Information Solutionsでは航空宇宙業界の技術文書の標準仕様である「S1000D」に対応した管理が可能。

 三菱航空機では両製品を、納入先航空会社との窓口となるカスタマーサービス部門に導入、MRJ初号機納入前までに実運用を開始するとしている。

@IT MONOistニュース)

関連ホワイトペーパー

文書管理 | PLM | 製造業 | 品質管理


ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...