2012年03月27日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 7移行で動かなくなる既存アプリを安全・簡単に実行する方法ユーザー権限のきめ細かなコントロールが鍵

Windows XPと比べてセキュリティが強化されたWindows 7に移行すると、一部のアプリが実行できなくなる。従業員への管理者権限の付与や再開発が一般的な解決策だが、もっと安全で簡単な方法はないのだろうか。

[Ron Condon,TechTarget]

 まだWindows XPを利用している多くの企業にとって、Windows 7への移行は差し迫った課題になりつつある。Windows XPのサポートは2014年4月で打ち切られる予定だ。つまり、システムを保護するためのパッチもアップデートも、サービスパックも提供されなくなる。

 新しいOSへの移行では、Windows 7のように近代化され、セキュリティが大幅に強化されたOSだとしても、問題は発生し得る。Windows XPでは問題のなかったアプリケーションが、Windows 7では強化されたセキュリティ制限の壁にぶつかるかもしれない。

 企業に残された選択肢は、アプリケーションをWindows 7向けに開発し直すか、Windows 7のセキュリティを緩和するかのいずれかだと思うかもしれない。しかしOxford University Press(OUP)は別の解決策にたどり着いた。Windows 7のユーザー権限をコントロールすることにより、Windows 7のセキュリティ制限の範囲内でWindows XPアプリケーションを実行するという方法だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...