2012年05月16日 09時00分 公開
特集/連載

電子カルテ普及の鍵を握るのは、既存ユーザーの満足度【連載コラム】医療ITの現場から

現在の電子カルテの普及率を考えると、5年後には「開業医の2人に1人が電子カルテを使う」時代になる。マーケティング理論に基づいた場合、既存ユーザーの満足度が今後の普及促進の鍵を握るといえる。

[大西大輔,メディキャスト]

新規開業の9割が電子カルテを導入する時代

 2012年現在、診療所の電子カルテ普及率は約2割で、開業医の5人に1人が電子カルテを導入しています。新規の開業医に限定すると、その9割が電子カルテを導入するなど、普及は今後さらに増える傾向にあります。今や電子カルテは診療所経営には欠かせないシステムとなっています。

 メディプラザを開設した2002年ごろを振り返ってみると、当時の電子カルテの普及率はわずか1%程度でした。現在、電子カルテの普及率の伸びは年間平均3〜4%で推移しており、5年後には5割に近づくと予想されています。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...