2012年05月16日 09時00分 公開
特集/連載

電子カルテ普及の鍵を握るのは、既存ユーザーの満足度【連載コラム】医療ITの現場から

現在の電子カルテの普及率を考えると、5年後には「開業医の2人に1人が電子カルテを使う」時代になる。マーケティング理論に基づいた場合、既存ユーザーの満足度が今後の普及促進の鍵を握るといえる。

[大西大輔,メディキャスト]

新規開業の9割が電子カルテを導入する時代

 2012年現在、診療所の電子カルテ普及率は約2割で、開業医の5人に1人が電子カルテを導入しています。新規の開業医に限定すると、その9割が電子カルテを導入するなど、普及は今後さらに増える傾向にあります。今や電子カルテは診療所経営には欠かせないシステムとなっています。

 メディプラザを開設した2002年ごろを振り返ってみると、当時の電子カルテの普及率はわずか1%程度でした。現在、電子カルテの普及率の伸びは年間平均3〜4%で推移しており、5年後には5割に近づくと予想されています。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...