2012年08月28日 08時00分 公開
特集/連載

女性向けWebサイトが実践したストレージ効率化のちょっとしたコツ3階層構成でコストも削減

月間1000万ユーザーがアクセスする女性向けの健康情報提供Webサイトは、SSDを採用した新しいストレージ構成によってサイト訪問者の待ち時間を20ミリ秒短縮し、分析処理でおよそ70%の高速化を実現した。

[Dave Raffo,TechTarget]

分析処理でおよそ70%の高速化を実現

 女性向け健康情報を提供するWebサイトを運営する米Lifescript.comは、米Hewlett-Packard(HP)の3PAR製品のハイブリッドSSD(ソリッドステートドライブ)ストレージアレイをアップグレードして大きな成果を挙げている。

 3PARストレージシステムを5年ほど利用しているLifescriptは2012年1月、新しい100Tバイトの「HP P10000 3PAR」ストレージシステムとともに、8TバイトのSSDを購入した。

 Lifescriptの共同創立者でCTOのジャック・ホーガン氏によると、3PARのハイブリッドSSDアレイは、BI(ビジネスインテリジェンス)プラットフォームへの新たな展開と10倍にも拡大したオンライントラフィックに対応するために、データセンターのアップグレードの一環として導入したという。

 月間1000万人のユーザーがアクセスし、毎日数百万人の登録ユーザーに6種類のニュースレターメールを送信するWebサイトのサポートに「新しいアレイは不可欠だった」とホーガン氏は語る。同氏が管理するIT環境は、膨大なデータベースと分析処理が必要だ。主要アプリケーションは、Microsoft Exchange ServerMicrosoft SQL Server Analysis Services(SSAS)である。

 Lifescriptの収益源は、オンライン広告とWebページやニュースレターからのリードジェネレーションだ。ホーガン氏によると、Webサイトへのアクセスや分析リポートの実行が遅れると、収益に悪影響が及ぶという。Lifescriptは、米WebMDや米Everyday Healthなどの類似サイトと激しく競合しているからだ。

 新しいハイブリッドSSDアレイは、導入初日に分析処理でおよそ70%の高速化を実現した。このスピードアップにより、分析リポートをオンタイムで実行することが可能になったという。また、サイト訪問者の待ち時間も20ミリ秒短縮し、大量のニュースレターの送信を妨げずにExchange Serverを実行できるようにもなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...