モバイル、SaaSに挑むCitrixが悟った「使われるアプリ」の条件「優れた連携」は「優れた機能」を意味しない

仮想化の雄、米Citrix SystemsがモバイルやSaaS事業に本腰を入れ始めた。こうした事業の多角化は、同社の製品開発方針にも少なからず影響を与え始めている。

2013年06月17日 08時00分 公開
[James Furbush,TechTarget]

 ITプロフェッショナルの中には、「米Citrix Systemsは仮想化技術の会社だ」という人もいれば、「『GoToMeeting』を開発した企業だ」という人もいる。

 このギャップを埋めたいと考えるCitrixは、自社をモバイル支援企業として位置付けようとしている。CitrixでSaaSを担当するバーナード・デ・アルバーガリア副社長兼ジェネラルマネジャーによると、自社のインフラ管理ツールと各種SaaSアプリケーションを組み合わせることにより、企業がコンシューマライゼーション時代に対処するのを支援するという。

 「モバイル支援は、スマートフォンタブレットをネットワークに接続できるようにすることだけではない」とデ・アルバーガリア氏は話す。「数十年前に導入したレガシーインフラを使っている企業は、既存システムを新しい端末やモバイルアプリケーション、SaaS、そしてクラウドと連携させるのに苦労している。最大の課題は、これらの新しい技術と既存のインフラを柔軟に結び付けることだ」

 エンタープライズモバイル管理をめぐる課題、そしてCitrixの年商の20%を稼ぎ出すまでに至ったオンラインサービス部門が果たす役割について、デ・アルバーガリア氏に話を聞いた。

―― Citrixがモバイル支援企業を目指すようになったのはなぜですか?

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...