モバイル、SaaSに挑むCitrixが悟った「使われるアプリ」の条件「優れた連携」は「優れた機能」を意味しない

仮想化の雄、米Citrix SystemsがモバイルやSaaS事業に本腰を入れ始めた。こうした事業の多角化は、同社の製品開発方針にも少なからず影響を与え始めている。

2013年06月17日 08時00分 公開
[James Furbush,TechTarget]

 ITプロフェッショナルの中には、「米Citrix Systemsは仮想化技術の会社だ」という人もいれば、「『GoToMeeting』を開発した企業だ」という人もいる。

 このギャップを埋めたいと考えるCitrixは、自社をモバイル支援企業として位置付けようとしている。CitrixでSaaSを担当するバーナード・デ・アルバーガリア副社長兼ジェネラルマネジャーによると、自社のインフラ管理ツールと各種SaaSアプリケーションを組み合わせることにより、企業がコンシューマライゼーション時代に対処するのを支援するという。

 「モバイル支援は、スマートフォンタブレットをネットワークに接続できるようにすることだけではない」とデ・アルバーガリア氏は話す。「数十年前に導入したレガシーインフラを使っている企業は、既存システムを新しい端末やモバイルアプリケーション、SaaS、そしてクラウドと連携させるのに苦労している。最大の課題は、これらの新しい技術と既存のインフラを柔軟に結び付けることだ」

 エンタープライズモバイル管理をめぐる課題、そしてCitrixの年商の20%を稼ぎ出すまでに至ったオンラインサービス部門が果たす役割について、デ・アルバーガリア氏に話を聞いた。

―― Citrixがモバイル支援企業を目指すようになったのはなぜですか?

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...