2013年08月21日 08時00分 公開
特集/連載

実導入率13%の裏側、プライベートクラウドが脚光を浴びない理由Forrester Researchの調査結果リポート

プライベートクラウドが仮想化のように普及しない理由として、同技術に対するIT部門の理解が中途半端なことが挙げられる。しかし導入した企業の中には、投資に見合う成果が得られたとする声もある。

[Alex Barrett,TechTarget]

 プライベートクラウドの普及状況に目を向けると、やや期待外れの感がしないでもない。

 以前から専門家たちは「プライベートクラウドの広範な普及は確実だ」と主張してきたが、現実は必ずしもそのようにはなっていない。プライベートクラウドを構築する技術は数年前から存在するが、普及がなかなか進まないのが現状だ。

 数字だけを見ると、プライベートクラウドは着実に普及しているように思えるかもしれない。米調査会社Forrester Researchによると、同社の顧客企業の31%がプライベートクラウドを導入済みであり、17%が今後1年以内に導入予定だとしている。

 「しかし細かく見ると、プライベートクラウドを導入済みと答えた企業でも、“本当の”プライベートクラウドを保有しているのは、そのうちの13%にすぎない」とForresterのアナリスト、ローレン・ネルソン氏は指摘する。

 「これらの企業のほとんどは、管理機能を改善するためのソフトウェアソリューションを採用したのだ」とネルソン氏は語る。こういった“プライベートクラウド”には、「マルチテナント」「エンドユーザーによるセルフサービス」「利用量計測機能」などクラウドの基本的な要素を備えていないものが多いという。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。