電子カルテサービスのスマートデバイス対応を強化、S&INEWS

RIA構築用プラットフォーム「JavaFX」で独自開発したソフトウェアをサービス基盤に採用。iPhone/iPad、Android端末などでも最適な画面レイアウトで利用できる。

2013年10月22日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 エス・アンド・アイ(S&I)は2013年10月22日、診療所向け電子カルテサービス「Karte Cloudサービス」(以下、Karte Cloud)の基盤ソフトウェアを11月1日からRIA(Rich Internet Application)構築用プラットフォームの「JavaFX」ベースに切り替えると発表した。

 2011年1月に提供開始したKarte Cloudは、経済産業省の公募事業においてデジタルグローブが2002年に開発したオープンソースソフトウェア「OpenDolphin」をベースとするクラウド型電子カルテサービス(関連記事:SaaS形式でも活用できる低コスト電子カルテ「DolphinPro」)。

 S&Iは今回、JavaFXで独自開発したソフトウェアをKarte Cloudのサービス基盤に採用。Windows、Mac OSなどに加えて、iPhone/iPad(iOS端末)やAndroidなどのスマートデバイスでもKarte Cloudを利用できるようにした。また、複数の画面ウィンドウを開くことを抑えたり、ドラッグ&ドロップ操作を省略できるなど従来よりも操作性を向上したという(画面1)。

photo 画面1 Karte Cloudの新レイアウト《クリックで拡大》

 また、日医標準レセプトソフト「ORCA」との連携を強化。ORCAプロジェクトが推奨する「日医標準レセプトソフトAPI」経由でORCAと連携するようになり、ORCAのバージョンアップに伴うKarte Cloudの仕様変更の頻度を抑えられるという。既存ユーザーは、新しいクライアントアプリケーションを入れ替えて起動することで新サービスを利用できる。サービスの月額利用料は従来と変わらず3万6000円(税別)から。

 S&Iは今後、Karte Cloud用のスマートデバイス専用ビュワーを2013年11月下旬、スマートデバイスで読み書き可能なカルテアプリケーションを2014年1月に配布する予定だ。

医療機関のIT化に関する読者調査を実施中! (2013年11月15日まで)

医療機関に従事する方を対象に、IT導入の現状や課題、投資意欲などの状況をお伺いするアンケート調査を実施しています。

 アンケート回答者の中から抽選で、3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」、をプレゼントします。今後の情報提供やサービス改善のため、ぜひアンケートにご協力ください。


ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...