2013年11月21日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 8.1のモバイル機能で心変わりする“私物厳禁企業”“BYOD対応ゲーム”に乗り出したMicrosoft

BYODのサポート対象にWindows 8.1端末を含めてもらいたい――。こうした思惑からか、Windows 8.1にはBYOD解禁の助けとなる幾つかの機能強化が施されている。主要な強化点を見ていこう。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 Windows 8.1が企業に普及するかどうかは、まだ分からない。1つ確かなことは、米Microsoftのこの最新のデスクトップOSには、BYOD(私物端末の業務利用)の混沌に伴う痛みをいくらか和らげる新しい技術が含まれているということだ。多くの組織がモバイル端末時代の黎明期に抱える苦悩を思うと、こうしたWindows 8.1の機能強化は実に時宜を得ている。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。