2013年11月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“BYOD対応ゲーム”に乗り出したMicrosoftWindows 8.1のモバイル機能で心変わりする“私物厳禁企業”

BYODのサポート対象にWindows 8.1端末を含めてもらいたい――。こうした思惑からか、Windows 8.1にはBYOD解禁の助けとなる幾つかの機能強化が施されている。主要な強化点を見ていこう。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 Windows 8.1が企業に普及するかどうかは、まだ分からない。1つ確かなことは、米Microsoftのこの最新のデスクトップOSには、BYOD(私物端末の業務利用)の混沌に伴う痛みをいくらか和らげる新しい技術が含まれているということだ。多くの組織がモバイル端末時代の黎明期に抱える苦悩を思うと、こうしたWindows 8.1の機能強化は実に時宜を得ている。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...