2013年12月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

【連載コラム】医療ITの現場から電子カルテ運用がもっと楽になる4つのヒント

電子カルテを導入した診療所の中には「うまく使いこなせない」「業務負荷が増えた」という不満の声が上がることもある。そうした状況の改善に役立つヒントを紹介する。

[大西大輔,メディキャスト]

 医療IT機器の常設総合展示場「メディプラザ」では、製品選定を過去にサポートした医療機関に対して、電子カルテをどのように活用しているかを定期的に確認しています。今回は、そこで得られた「電子カルテ運用が楽になるヒント」を紹介します。

1. 運用に合わせて、セットやテンプレートを見直す

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...