2014年02月24日 08時00分 公開
特集/連載

現場に嫌がられない「Windows監査」の進め方目的はセキュリティだけではない

デスクトップ監査の成功によって、システム管理の合理化を進めることができる。その効果を最大限に高めるためには留意すべき点がある。5つのポイントで解説する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 自社のWindowsデスクトップ環境が適切なポリシーと基準に沿っていることを確認するために、前回監査を行ったのはいつだっただろうか。多くのネットワーク管理者は幸運にも、必要に応じて展開される標準的なデスクトップイメージを管理している。全てのデスクトップ上に何があるかの正式な監査は問題外に思えるかもしれない。

 目指すのはWindows設定の標準化だろうか。あるいはエンドポイントセキュリティへの理解を深める必要があるかもしれない。自社のソフトウェアライセンスを整理したい場合もあるだろう。目的が何であれ、デスクトップ監査の効果を最大限に高めるために留意すべき点が幾つかある。

Windows監査のために必要な条件

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...