2014年08月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「最新バージョンのOSが最も安全」は本当?Windows 8.1自慢のセキュリティにありがちな「4つの誤解」

Windows 8.1に移行したとしても、組織内にある全ての脆弱性を修正することはできない。このことは、経営陣や幹部にきちんと伝え納得させる必要がある。

[Kevin Beaver,TechTarget]
tt_aa_6098.jpg

 「Windows XP」のサポート終了にまつわる誇大な騒ぎが収まり、多くの企業が今、「Windows 8.1」への移行を進めている。そのことに意外性はない。米Microsoftの最新OSであるWindows 8.1は、超高速でITプロフェッショナル向けに改善された機能も盛り込まれ、そのままの状態でセキュリティが大幅に強化されているからだ。

誤解「最新のセキュリティを搭載した新しいバージョンほど優れている」

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...

news016.jpg

オウンドメディアリクルーティング、実践企業の約9割が効果を実感――Indeed Japan調査
Indeed Japanは「オウンドメディアリクルーティング」に関する調査を実施しました。