2014年08月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「最新バージョンのOSが最も安全」は本当?Windows 8.1自慢のセキュリティにありがちな「4つの誤解」

Windows 8.1に移行したとしても、組織内にある全ての脆弱性を修正することはできない。このことは、経営陣や幹部にきちんと伝え納得させる必要がある。

[Kevin Beaver,TechTarget]
tt_aa_6098.jpg

 「Windows XP」のサポート終了にまつわる誇大な騒ぎが収まり、多くの企業が今、「Windows 8.1」への移行を進めている。そのことに意外性はない。米Microsoftの最新OSであるWindows 8.1は、超高速でITプロフェッショナル向けに改善された機能も盛り込まれ、そのままの状態でセキュリティが大幅に強化されているからだ。

誤解「最新のセキュリティを搭載した新しいバージョンほど優れている」

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...