2014年08月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftは直接移行ツールを提供せず面倒なWindows XPから8.1への移行、「それならWindows 9を待つ」という声も

サポートが終了したWindows XPから新OSに移行する際、ユーザーデータや設定も合わせて移行したいと思うのは自然だ。しかし、Microsoftの標準ツールを使うと手間が掛かる。同じ手間が掛かるなら「Windows 9」を待つという意見も。

[Robert Sheldon,TechTarget]
ik_tt_win01.jpg

 米Microsoftの「Windows 8.1」導入ツールは、「Windows XP」からWindows 8.1に切り替える作業を簡略化するのに役立つ。だが、互換性の問題とサードパーティーのユーティリティについては把握しておくことをお勧めする。

 既存のWindows XP搭載PCでWindows 8.1を実行できても、Windows 8.1は新規インストールしてシステムを更新することをお勧めする。Microsoftはユーザーのデータ/設定やインストールされているアプリケーションをWindows XPからWindows 8.1に直接移行する方法を提供していないのだ。

Microsoft公認の方法とは

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...