2014年10月07日 12時00分 公開
特集/連載

スマホアプリの「遅い」「鈍い」「動かない」を解消する“間違いのない”方法「モバイルアプリパフォーマンス管理(mAPM)」導入のススメ

企業でモバイルアプリの利用が浸透すればするほど、そのパフォーマンスへの要求も高くなる。課題解決の鍵となる可能性があるのが、「モバイルアプリパフォーマンス管理(mAPM)」の導入だ。

[Bryan Barringer,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Android | iPhone | パフォーマンス管理


 モバイルアプリケーションに関連する作業の中で、開発は簡単な部類に入る。本稿では、「モバイルアプリパフォーマンス管理(mAPM)」製品が、現場で精彩を欠いているモバイルアプリのパフォーマンスに対処するのにどのように役立つかを紹介する。

 次のモバイルアプリのリリース前のシナリオを考えてみてほしい。あなたは半年にわたって、従業員の作業効率を向上するためのモバイルアプリの開発に従事してきた。開発プロセスでは適切な調整を施した。全てのラボで実施したαシナリオのテストで、モバイルアプリはベンチマークを上回る結果を出している。このモバイルアプリは全世界の何千台ものモバイル端末で使用されている。あなたは次のモバイルプロジェクトに向けて意気揚々としており、怖いものなしだ。

 だがモバイルアプリのリリースから半年が経過したとき、あなたは上司から叱責を受けた。モバイルアプリは広く使われなくなり、品質の低さに関する不満が多数寄せられているというのだ。

何が間違っていたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...