放送が一瞬でも途切れることは許されない――フジテレビ、有料ネット配信の裏側Microsoft Azureでビッグイベント配信をするコツ

フジテレビが2014年10月に開始した有料ネット配信「フジテレビNEXTsmart」のシステムに、「Microsoft Azure」とEVCの映像配信プラットフォームを採用した。数あるサービスの中でAzureを選択した理由とは。

2014年11月14日 12時00分 公開
[三浦優子]

フジテレビがインターネット放送のインフラにAzureを採用した理由

 フジテレビは2014年10月にスタートしたインターネット有料チャンネル「フジテレビNEXTsmart」のインフラとして、日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」(以下、Azure)を採用した。これまで自前のインフラを利用していたフジテレビだが、新たにニワンゴの動画配信サイト「ニコニコチャンネル」からの放送を開始するに当たりクラウドの採用を決定した。

 「インターネット有料放送にクラウドコンピューティングは向いている」というのがフジテレビの見方だ。クラウドのどのような点を放送に向いていると判断したのか。そして、数あるクラウドサービスの中でMicrosoft Azureを選択した理由とは。

視聴者数の急増/急減に対応しやすいクラウド

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。