2015年01月28日 15時00分 公開
特集/連載

2014年に発表された「AWS」の注目機能“ベスト10”約450機能から厳選

米Amazon Web Servicesの「Amazon Web Services」(AWS)は、2014年に約450の機能をリリースした。本稿では、その中からえりすぐりの機能を紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

Amazon EC2 | Amazon Web Services | SSD


 「Amazon Web Services」(AWS)の機能は毎日のようにリリースされており、全てを把握することは難しい。そのため、2014年にAWSに新しく追加された機能の中でも、業界の専門家からの評価が高かった機能の一覧は一見の価値があるだろう。

 2014年には多くの発表があった。競合他社に勝負を挑むAWSの機能のリリース、データセンターの新しいリージョンの設置、新しいファイル同期/共有サービスの提供開始などは、ほんの数例だ。本稿では、1からから10まで重要度の高い順に箇条書きの形でAWSの機能を紹介する。

1.「Amazon Aurora」(2014年11月12日にプレビュー版をリリース)

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...