2015年06月24日 08時00分 公開
特集/連載

「Mac」の常識は「Windows」の非常識、共存のために職場でできることとは?課題の1つはMacのセキュリティ対策(1/2 ページ)

企業のIT担当者にとってMac OSは、Windowsとの互換性やアプリケーション、ファイル共有など問題を引き起こす可能性がある存在だ。導入時にどのような準備をするべきか紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Mac | OS | Apple | Active Directory | セキュリティ


Yosemite(OS X 10.10)のWebサイト《クリックで拡大》

 両手を広げて米Appleの「Mac OS」を受け入れるか、それとも仕方なく受け入れるか、いずれにせよクライアントPCには潜在的なわながある。これらの難題を理解しておくと自分の環境にMacを組み入れる準備ができるだろう。

 Macは、競合である米Microsoftの「Windows OS」が導入されたクライアントPCのように管理することはできない。この両者には類似点があり、Appleは以前と比べて、簡単にMacをWindowsベースのネットワークに統合できるようにしている。しかし全く問題なく、Macを仕事の従来の環境に組み込むことができると期待してはいけない。

Mac導入でぶつかる問題は?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...