2015年06月24日 08時00分 公開
特集/連載

「Mac」の常識は「Windows」の非常識、共存のために職場でできることとは?課題の1つはMacのセキュリティ対策(1/2 ページ)

企業のIT担当者にとってMac OSは、Windowsとの互換性やアプリケーション、ファイル共有など問題を引き起こす可能性がある存在だ。導入時にどのような準備をするべきか紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Mac | OS | Apple | Active Directory | セキュリティ


Yosemite(OS X 10.10)のWebサイト《クリックで拡大》

 両手を広げて米Appleの「Mac OS」を受け入れるか、それとも仕方なく受け入れるか、いずれにせよクライアントPCには潜在的なわながある。これらの難題を理解しておくと自分の環境にMacを組み入れる準備ができるだろう。

 Macは、競合である米Microsoftの「Windows OS」が導入されたクライアントPCのように管理することはできない。この両者には類似点があり、Appleは以前と比べて、簡単にMacをWindowsベースのネットワークに統合できるようにしている。しかし全く問題なく、Macを仕事の従来の環境に組み込むことができると期待してはいけない。

Mac導入でぶつかる問題は?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。