2015年08月27日 08時00分 公開
特集/連載

「Firefox」の魅力、豊富なアドオンに危機? 認証制度はなぜ不評かセキュリティと利便性の両立を目指すが……(1/2 ページ)

Firefoxは近くリリースするバージョンでセキュリティを向上するためにアドオン認証制度を導入する。その制度に対しユーザーや開発者から不評という声もあるが、なぜ導入するのだろうか。

[Michael Cobb,TechTarget]
FirefoxのダウンロードWebサイト《クリックで拡大》

 米Mozilla Foundationは、Webブラウザ「Firefox」の近くリリースするバージョンで、アドオン認証制度を本格導入する。新制度によってどのようにWebブラウザのセキュリティが守られるのか。新制度には不評もあるのはなぜなのだろうか。

 Webブラウザベンダーが自社Webブラウザの人気を高め、ユーザーのロイヤルティーを強化するために取る1つの方策は、独立系開発者にアドインやプラグインといった拡張機能の開発を奨励することだ。ユーザーは、付加機能を提供するこれらの拡張を導入してWebブラウザをカスタマイズし、自分にとって使いやすいWebブラウザにすることができる。だが、ベンダーのこうした方策にはマイナス面もある。粗悪なプラグインはやその動作基盤となるシステムの安定性に影響する恐れがあり、悪意あるプラグインは個人情報を危険にさらすからだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...