2015年09月02日 15時00分 公開
特集/連載

OpenStack導入でしばしば遭遇する「5つの壁」とはOSSクラウドインフラ黎明期(1/2 ページ)

OpenStackなどオープンソースのクラウドインフラのプラットフォームは、企業にさまざまな利益をもたらす。しかし、IT部門は導入前に、次の5つのハードルを乗り越えなければならない。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
OpenStack、CloudStack、OpenNebulaのGoogle検索の人気度(参照:Googleトレンド

 パブリックにせよ、プライベートにせよ、クラウドは簡単に実現できるものではない。いずれもコンピューティング(計算・処理能力)、ストレージ、ネットワークの各リソースの膨大なプールの自動化、オーケストレーション、管理のためのツール群が必要だ。ベンダー各社は独自技術のクラウドインフラストラクチャツールを売り込もうと懸命だが、オープンソースコミュニティーも「OpenStack」「CloudStack」、そして「OpenNebula」など、さまざまな代替プラットフォームの供給に動き出している。

 オープンソースのクラウドインフラツールは費用効果に優れ、拡張性が高い。だが一方で、幾つかの課題が立ちふさがる。以下は、オープンソースのクラウドインフラツールに関して、ユーザーがしばしば経験する5つの一般的な問題と、それらを回避するための戦略である。

1.ITサイロが導入の障害に

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...