2015年09月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

昔からある難題Windows 10でも? 「OSはSP公開後にアップグレードすべし」は真実か迷信か

保守的な技術者は、バグが解決されるのを待ってから新しいOSの導入に踏み出すようにアドバイスするが、Windows 10はそれをくだらない迷信に変えるかもしれない。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | OS


ik_tt_win01.png Windows 10へのアップグレード機能の画面《クリックで拡大》

 新しいOSを直ちに導入するか、そのOSの安定性が証明されるのを待つかは、昔からある難題だ。

 IT業界で働いている限り、この問題についてはさまざまな意見が聞かれる。「“最初のサービスパックが公開されるまで、新しいOSへのアップデートを待つ”ことがベストプラクティスとして広く受け入れられるようになった」と書かれたホワイトペーパーを私は何年も前に読んだ。新しいOSへのアップグレードが安全だとユーザーを納得させる目的で、米Microsoftが幾つかのOSの最初のサービスパックの公開を急いだ、という根も葉もないうわささえ聞いたことがある。

バグは既に修正か

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...