2015年10月01日 15時00分 UPDATE
特集/連載

検知免れる寄生虫不正アクセスを防ぐはずのセキュリティ製品、実は攻撃者を支援していた?

攻撃者がマルウェアを使わずに盗んだ認証情報を利用し、検知されずにデータを抜き取っている実態が明らかになった。どのように対策すればよいのかを紹介する。

[Michael Heller,TechTarget]
tn_tt_ctu001.jpg 国内企業における、アプリケーション/通信機能別に見たマルウェアの攻撃経路(出典:Palo Alto Networks「アプリケーションの使用および脅威分析レポート」2014年5月版)《クリックで拡大》

 マルウェアやソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性は幾度となく大きな注目を集めている。だが最新の報告書によると、攻撃者は、盗んだりハッキングしたりしたクレデンシャル(認証情報)を使い、アクセス管理製品の設定ミスを突いて、重要なデータを発見し抜き取っている。

 米Dell SecureWorksのセキュリティ研究分析部門「Counter Threat Unit」(CTU)の報告によれば、マルウェアを使わずに「寄生する」やり方で優位に立とうとする攻撃者の手口が増加傾向にある。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...