2015年10月01日 15時00分 公開
特集/連載

検知免れる寄生虫不正アクセスを防ぐはずのセキュリティ製品、実は攻撃者を支援していた?

攻撃者がマルウェアを使わずに盗んだ認証情報を利用し、検知されずにデータを抜き取っている実態が明らかになった。どのように対策すればよいのかを紹介する。

[Michael Heller,TechTarget]
国内企業における、アプリケーション/通信機能別に見たマルウェアの攻撃経路(出典:Palo Alto Networks「アプリケーションの使用および脅威分析レポート」2014年5月版)《クリックで拡大》

 マルウェアやソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性は幾度となく大きな注目を集めている。だが最新の報告書によると、攻撃者は、盗んだりハッキングしたりしたクレデンシャル(認証情報)を使い、アクセス管理製品の設定ミスを突いて、重要なデータを発見し抜き取っている。

 米Dell SecureWorksのセキュリティ研究分析部門「Counter Threat Unit」(CTU)の報告によれば、マルウェアを使わずに「寄生する」やり方で優位に立とうとする攻撃者の手口が増加傾向にある。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...