2015年11月19日 12時00分 公開
特集/連載

どちらを選ぶ? OSSクラウドの双璧「OpenStack」 vs. 「CloudStack」比較のポイントを紹介

オープンソースのクラウドプラットフォームには多くの選択肢がある。その代表格が「OpenStack」と「CloudStack」だ。両者の大きな違いは何か。

[Dan Sullivan,TechTarget]

関連キーワード

Apache | OpenStack


Googleトレンドで見たOpenStackとCloudStackの人気度《クリックで拡大》

 「OpenStack」と「Apache CloudStack」は、人気のあるオープンソースクラウドプラットフォームの双璧だ。

 いずれもクラウドユーザーのニーズを満たしているが、どちらかを選択するなら、両者がどう違うのかを理解しておくことが重要だ。

 OpenStackは、米Rackspace、米IBM、米Red Hatといった大手ベンダーが後押しする有力なクラウドプラットフォームだ。

 強力かつ多様なコミュニティーサポートも提供されており、約150社の企業が開発に貢献している。

 OpenStackは、単一の管理プラットフォームに統合される一連のプロジェクトとして管理されている。その中にはストレージ、管理ダッシュボード、ネットワーク、イメージ管理、アイデンティティー管理システムなどが含まれる。

 一方、Apache CloudStackは、独自のAPIを持ち、「Amazon Web Services」(AWS)のAPIモデルもサポートするクラウド管理プラットフォームだ。アベイラビリティゾーンを使える仮想プライベートクラウドをサポートし、ハードウェアを効率よく利用するための高パフォーマンスな仮想インスタンスを提供する。インキュベーション段階を経てApacheのトップレベルプロジェクトとなっている。

 OpenStackとCloudStackのどちらかを選択する際は、ハイパーバイザーサポートやコミュニティーサポート、ハードウェア互換性に加え、パフォーマンスと管理ニーズも考慮しよう。OpenStackもCloudStackもさまざまなハイパーバイザーをサポートしているが、企業は自社が選んだハイパーバイザーがサポートされていることを確認しなければならない。幅広いコミュニティーサポートと商用サポートが重要なら、OpenStackの方が望ましい。ハードウェア互換性も考慮すべき点だ。あなたの会社が既存のサーバやストレージシステムを転用しようとしている場合は、各プラットフォームのサーバモジュールとストレージモジュールがどれだけサポートされているかを検討する必要がある。

 OpenStackもCloudStackも、展開するのは大変だ。だが、OpenStackは広く採用されていることから、フォーラムディスカッションや展開スクリプトといった参考情報やツールがより多く入手できる。ただしCloudStackも、最新リリースでは展開の問題がある程度対処されており、今後も改良が継続されそうだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。