2016年02月08日 12時00分 公開
特集/連載

古いPCをVDIシンクライアントとして再生、マルウェア対策は不要?“労多くして功少なし”か

仮想デスクトップインフラ(VDI)のシンクライアントデバイスは種類が豊富で、ほとんどはマルウェア対策ソフトウェアがなくても安全に使用できる。では、保護が必要なのはどういうケースだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]
イメージ

 大半のシンクライアントデバイスには、マルウェア保護対策を講じる必要はない。だが、シンクライアントとして再利用しているPCは保護が必要だ。

 市場には、仮想デスクトップインフラ(VDI)のシンクライアントハードウェアが膨大に存在する。これらのデバイスの機能は実にさまざまだが、一般的にシンクライアントのマルウェアに対する脆弱(ぜいじゃく)性はそこまで高くない。多くの場合、管理者は、VDIシンクライアントにマルウェア保護を追加するのに必要な労力に見合う効果を得ることはできない。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...